平凡なOLのこっそりアーユルヴェーダ

アーユルヴェーダを深く勉強したいOLです

初めてのスリランカ ぽっこりお腹の理由編

お初のスリランカ、知り合いのツテをなんとか辿り、アーユルヴェーダ医師を訪ねてきました。

 

健康的で古い知恵というイメージのアーユルヴェーダが恐らく根付いているであろう国の食事はどんなものか?

実際の暮らしを見てきました。

 

 

まず、目立つのは中年以上は大多数お腹が出ている。笑

 

 

貧困の差や、若い子は痩せてるなどはあるのですが。その理由ですが、現地の方に聞いたり自分でローカルな食事をすることでなんとなくわかりました。

 

 

f:id:maisaito81:20170913193408j:image

 

まず1点目。主な理由かと思います。「米中心の食事で、おかずが美味しいからたくさん食べてしまう」というね(笑)

スリランカのお料理はかなり美味しいです。癖はなく、野菜がたくさん使われているカレーやスパイシーな炒め物がなんとなくヘルシーそうです。しかしながは主食は、お米や、米粉を使ったストリングホッパー、クレープのようなアッパーなど ザ 炭水化物 で、おかずがたくさん出るので炭水化物もたくさんとるという(笑)

 

2点目に、早食い。

しかもスリランカの方々、ほとんど食べるのがはやい!早食いも太るんだから。。

 

あと3点目は、食事中あまり飲み物を飲まないようです。私がガブガブ飲んでると、「食事中は水を飲むとお腹が膨れてご飯が入らなくなるからあまり飲まないんだ。食後の甘いティーは辛さを落ち着かせるから良いよ。」とのことでした。

 

おまけで4点目ですが、頻繁に何かを口にしていると思われます。朝6時半に軽くアッパーやらキャンダというお粥などを食べたと思えば9時頃朝ごはん食べるからと食堂に行ったり(笑)

1日何食食べるの?と聞いたら3食だと答えるので、朝早くのは朝ごはんではない模様。午後のティータイムには甘〜い紅茶とお菓子が(これは別の記事でも書こうかな)出てきます。Too muchです(笑)

 

f:id:maisaito81:20170913193551j:image

 

辛い!甘い!炭水化物!止まらない!という食事が、マリオのような身体になってゆくのですね…。単体で見れば野菜を使って素晴らしい料理かと思うのですが。

 

美味しすぎて止まらないB級グルメからアーユルヴェティックな料理などまた別途まとめたいと思います。

 

 

 

ぽっこりお腹にはなりたくないが、スリランカの料理は最高に美味しい!大好きになりました〜